料理|野菜|果物|健康食品

はなぶろグルメ便り

野菜・果物・魚のおいしい料理レシピを紹介

自分の口臭を気にしたことはありますか?誰かと喋っていて、相手の口臭がすると嫌ですよね。自分の周囲の人にそんな思いをさせないために、口臭には充分気をつけましょう。

 

口臭には口呼吸はダメ

口臭最近は鼻呼吸でなく、口呼吸する人が増えていると言われています。鼻炎などで鼻が悪く、口呼吸になってしまう人も多いのではないでしょうか。

鼻呼吸をしないと、唾液の量が減って口の中がどうしても乾燥しがちになってしまいます。それが、口臭の原因になるので、注意しなければいけません。そうなると、口臭に限らず、口内炎なんかもできやすくなってしまいます。鼻呼吸のほうが体内に取り込める酸素量が絶対的に多いですから、健康にも良いです。意識して鼻呼吸をするように心がけましょう。私たち人間は本来、鼻呼吸する生き物なんです。

 

虫歯治療も忘れずに!口臭の原因に!

口臭と虫歯口臭を治すためには、虫歯の治療も忘れてはいけません。いくら歯磨きをしていても、口臭が気になる人は、虫歯が原因になっていることも考えられます。

治療が途中なのにもかかわらず、通院を止めてしまった……そんな人もいるでしょう。治療途中の部分からまた虫歯が広がっていき、口臭が悪化するばかりが、虫歯そのものも進行していきます。虫歯をきちんと治療したら、口臭がしなくなったケースも少なくありません。口臭を防ぐためにも、虫歯は早めに治療しておくことをお勧めします。

大勢で食事をする際には、特に気をつけたいテーブルマナー。普段家で食事をするときに何も気にしないでいると、いざというときに恥をかいてしまうことになるかもしれません。

 

ついやってしまう箸の使い方~和食のテーブルマナー

和食のテーブルマナー和食のテーブルマナーで一番に思い浮かぶのは箸ではないでしょうか。和食を食べるときに、欠かせないアイテムが箸ですから。日本人に生まれたなら箸が上手に使えて当たり前……いいえ、そうとは限りません。気づかないうちに間違った箸の使い方をしている人もいるでしょう。和食のテーブルマナーでは気をつけなければいけません。

私も刺し箸(突き箸)は、よくやってしまいます。差し箸は、食べ物に箸を突き刺すことをいいます。ツルツルして滑りやすい食べ物だと、箸で上手につかむことが難しい場合もあります。そんなときに刺し箸をしてしまいますが、これは良くありません。

 

割り箸にもテーブルマナーが!?

割り箸のテーブルマナー割り箸の割り方にもマナーあることを知っていますか?そういったところにも気を遣うのが本当のテーブルマナーです。よく男性なんかは口にくわえて割る人もいますが、これはマナー違反なので気をつけましょう。

割り箸を両手で水平に持ち、手前のほうから割ります。このとき、割り箸が料理の器にぶつからないようにして下さい。急いで割ると、真ん中からキレイに割れないことも……。扇子をゆっくりと開くようなイメージで割ると、キレイにいくので試してみましょう。エコの観点から何度も洗える箸を使うことが多いですが、実はおもてなしには割り箸を使うのがテーブルマナーなんです。

今は、ヘアカラーをして髪のオシャレを楽しむことが当たり前の時代になりましたね。カラーリング剤も色々市販されていて、手軽に自分で染める人も多いです。おしゃれ染めには様々なヘアカラー剤がありますが、最近では白髪染めでもクリーム、液体、泡状など、数多くのヘアカラー剤があります。自分の染めやすいものを使ってみましょう。

気になる白髪・・・ヘアカラーを

白髪気になるヘアカラーについて・・・太くて硬い黒髪の私の長年の悩みは、白髪です。中学生とかそれぐらいの頃からもうありました。ヘアカラーをしても自分には似合わないだろうなというのと、染めた後のケアを考えると面倒になり、これまでずっと染めずにきました。

でも、年齢を重ねるにつれ、白髪が増えて、黒髪なのでバキバキの白髪が余計に目立つようになってきました。見つけると抜いていたのですが、白髪を抜くのは良くないなと……。それで最近は、ヘアカラーで白髪隠ししようかなと考え始めました。初めてのヘアカラーを決意するまでには、もう少し時間がかかりそうです(笑)。

ヘアカラーは明るめの色

私の母は、白髪隠しのために定期的に自分で髪を染めます。もう何度もヘアカラーしているせいなのか、だんだん色がすぐ落ちるようになってきました。染めてから2~3日経つと、もう何となく色が薄くなっています。その原因はカラーリングの頻度のほか、明るめのヘアカラーを選んでいるためだと思います。白髪用は比較的暗めの色が多いですが、母は出来るだけ明るい色を選びます。暗めの色だと落ちてきたときに、白髪が目立つということらしいです。そして、いつも耳の後ろがまったくと言っていいほど染まらないのが不思議です。

学生時代以来、遠ざかってしまっている書道。墨のニオイを嗅ぎながら、自分と向き合うことができる時間は、とても落ち着きます。

 

カチカチになった書道の筆

書道書道に必要な道具には、いくつかのものがあります。中でも筆は、その品質によって、『書』の出来が左右される重要なものです。

学生の頃、筆についた墨をよく洗い流さずに片づけてしまっていました。しかも、キャップをはめて……。その結果、次に使うときには穂先に残った墨が固まってしまい、筆がカチカチの状態になっていたものです。そのため、書道の時間は、まず固まった筆先をもみほぐすことから始めなければなりません。そうすると時間もかかるので、面倒くさがらずに毎回筆を使ったあとは、丁寧に墨を落として乾燥させておかなければいけませんね。

 

書道の筆選び・できれば試してから

書道の筆書道の筆を選ぶときは、できれば使い心地などを試してから購入することをお勧めします。筆は水分を含んだ状態になると、乾燥しているときとは違った状態になりますからね。筆先がとがっていて、穂全体の形が良いもの、筆先全体のバランスが整っているもの、あと毛の根元に弾力があるものがいいでしょう。

特に細筆の場合は、先のとがり具合が大切になります。また、毛の根元の弾力性についても、強すぎても弱すぎても、なめらかに書くことができません。じっくりと吟味して使いやすいものを選ぶようにしましょう。

近年、地球温暖化が世界的に大きく問題視されています。この地球温暖化を解消していくためには、省エネ(省エネルギー)の考え方が大切になります。

省エネにはソーラーパネル

省エネ休日に天気がよかったので、家族でドライブに出かけました。目的地に向かう途中、何もない空き地のようなところに何枚もの大きなソーラーパネルを見かけました。あんなに沢山のソーラーパネルを見たのは久しぶりで、ちょっと驚きました。

田舎のほうには、空き地が多いです。なので、そういった場所を利用して、ソーラーパネルを設置するのは省エネのアイディアとして、とても良いことだと思います。晴れていれば、日当たりもよさそうな所でしたし。空き地を有効利用して、省エネに役立てる……一石二鳥ではないでしょうか。

ソーラーシステムで省エネ

省エネ ソーラーシステム給湯や暖房などに太陽の熱エネルギーを使うのが、ソーラーシステムです。ソーラーシステムには、人工的な機械を利用するものや蓄熱・空気の自然循環によるもの、またはその両方を組み合わせたものなどいくつかの種類があります。

私が見かけたソーラーパネルも、ソーラーシステムの一つです。ソーラーシステムのように自然のエネルギーであれば、枯渇の心配をすることもありませんし、省エネに大きく貢献できるはずです。空き地をどんどん活用してパネルを設置したり、一般家庭でも、もっとソーラーシステムが普及すべきでしょう。

健康を維持するために、毎日の食事にを積極的に使うようにしている人も多いでしょう。酢にも様々な種類があるので、料理に合わせて使い分けることもできます。

 

苦手な酢飯

酢酢が体にいいことは分かっているのですが、実は個人的にはちょっと苦手です。家族の中では、母が大好物で白いご飯にもすぐ酢をかけて、酢飯にしてしまいます。

酢飯が苦手な私にとっては信じられません。とはいえ、大嫌いなわけではないので、お寿司類や酢物など酢を使った料理も食べます。鶏肉のさっぱり煮以外は、やっぱり自分から進んで食べるというわけではありません。今はあまりツーンと来ないもあるので、そういったものを上手に使って、意識的に摂取したいなとは思っています。

 

酢っぱ辛い

酢っぱ辛いタイの国民的料理の一つであるトムヤムクンは、辛味と酸味の融合が特徴的です。先日、そのトムヤムクン味のカップヌードルを食べました。成分表を見てみたところ、酸味料としか書かれていなかったので、が入っているかどうかは分かりません。本物のトムヤムクンを作る際にはライムなどを入れるらしく、そっち系の酸味だったから、私でも美味しく食べられたのかも……。爽やかな酸味だったので。

でも、ネット検索をすると、レモン汁やを加えるとさらに美味しくなるというアレンジレシピが!酸っぱいのが好きな上級者向けとのことなので、挑戦はしませんけどね。

春先になると街中でよく見かけるのが、大きなマスクをしている人たちです。花粉症の人にとって、外出時のマスクは欠かせません。

 

アレルギー体質の人は花粉症に注意

花粉症ハウスダストアレルギーなど、元々アレルギー体質の人は花粉症にもなりやすいと言われています。なので、「自分は花粉症じゃないから安心」と思っている人も気を付けなければいけません。

特に毎日使う布団は、目に見えないホコリがあったり、ダニのすみかになっていたりします。ハウスダストによるアレルギーで、寝具を頻繁に洗濯したりして清潔に保つことを心掛けているなら、花粉症の予防も万全にしておきましょう。外出先から帰ったら自分の着ている服やコートなどにも丁寧にクリーナーをかけて、花粉を取り除きましょう。

 

花粉症にマスクは必須

花粉症にマスク今、特に女性などは、すっぴんで出かけるときなどに恥ずかしいから……という理由でマスクをしている人もいますね。このように風邪のときに限らず、マスクをして外出する人が増えています。

もちろん、花粉症の場合も、マスクは必須アイテムです。花粉症対策用のマスクは隙間なく、肌にぴったり密着するにもかかわらず、呼吸なんかもしやすくなっています。中には、マスクをしているだけでアロマ効果によって癒されるなどの優れものもあります。色々な種類があるので、自分に合った花粉症マスクを選んで、花粉をしっかりガードしましょう。

赤ちゃんの成長は、本当にはやくあっという間です。赤ちゃんと共にてんやわんやの毎日を過ごしているうちに大人も「親」として成長できるでしょう。

 

赤ちゃんの成長を実感

赤ちゃん先日、友達が去年産まれた姪っ子に会うため、家族揃って上京しました。その友達は姪っ子に会うのは初めて……。小さく産まれた赤ちゃんが大きくなっていて、びっくりしたことでしょう。

最近、やっと寝返りを打つようにもなって、皆で赤ちゃんにメロメロだったそうです。普段は離れて暮らしているからこそ、たまに会うと成長をものすごく実感するのかもしれませんね。そう頻繁に会える距離でもないのですが、そのうちに私にも会わせてもらえるといいな~なんて、楽しみにしています。

 

赤ちゃん用品は通販で

赤ちゃん用品その友達家族から、赤ちゃん誕生の知らせを聞く少し前から、パパになるTさん(友達のお兄ちゃん)はベビーベッドなど、いくつかのベビー用品を通販で購入すると言っていました。でも、初孫の誕生を待ちわびる彼の両親は、「ベビー用品を通販で買うなんて……」と。ベビー用品は実物を見ながら、しっかり吟味して買うべきという考えがあったようです。

子育ての準備段階で、もうこんなジェネレーションギャップがあるんですね。個人的には出産間近になったら、通販を利用するものいいと思います。やっぱり便利ですから。おじいちゃん、おばあちゃんからすれば、近くに住んでいたら……と、その思いがあるのでしょうけどね。

健康的な生活を送るためには、十分な睡眠が欠かせません。使う寝具によっても、睡眠の質が左右されます。

 

睡眠とマットレス

睡眠とマットレス眠るときは、ぐっすり睡眠できる環境が望ましいです。床やベッドに敷くためのマットレスは、安眠を得るための大事な寝具です。昔引っ越しを機に、布団生活からベッド生活へと変わり、そのときにマットレスを買いました。

それから10年以上が経ち、だんだんと弾力がなくなり、マットレスの木枠のようなものも浮き出て手で触ると分かるようになりました。たぶんスプリングも弱っていたと思います。ボコボコとした状態になって、肩や背中などが痛くなってしまいます。これでは良い睡眠をとれないと思い、先日ついにマットレスを新調しました。少し硬めのものを選びましたが、身体の痛みも解消され、毎日良く眠れています。

 

睡眠とタオルケット

睡眠とタオルケットタオルケットがあるかないかでも、心地よく眠れるかどうかも違ってきます。タオルケットには様々な素材があるので、肌触りのいいものや寝室の温度や湿度などの環境に合ったものを選びましょう。

私には学生時代から使っているもので、すごく気に入っているタオルケットがあります。素材表示をよく見たことはないのですが、織り糸が出てこないタオルケットなんです。普通のもので特に長く使っているタオルケットは足の爪に糸が引っかかって、不快になることもあったりしますからね。また、暑さ寒さの調節のしやすくて良いです。もうだいぶ古いですが、まだ使い続けようと思います。

大人のたしなみとして、日本の伝統文化の一つとされる茶道を習っている人もいるでしょう。茶道を学ぶことで忙しい日常から少しだけ離れて、静かな時間を過ごすことができます。

 

茶道は形から入る

茶道私が小学校のクラブ活動で茶道部に入ったのと同じ頃、母が茶碗を買いました。それからしばらくして、5~6年時の担任の先生が「茶道で使って」と茶碗をプレゼントしてくれました。

母が買ったものは黒い無地の茶碗、先生から貰ったものはベージュっぽい地に赤や緑の模様がついているものです。茶道クラブの時は、お茶の道具を学校で貸してくれることがほとんどでしたが、たまに“マイ茶碗”を持参するのを楽しみにしていました。卒業と共に茶道をやる機会はほぼなくなり、茶碗の棚の中に仕舞いっぱなしになっていて、少し寂しい気がします。

 

好きな茶道の道具

茶道の道具初めて茶道の道具に触れた時、すぐに気に入ったものがあります。それは、茶筅。お茶を点てるための大事な道具の一つです。その多くは竹製で、百本点や数穂などいくつかの種類があります。

茶筅は、ちょっとした芸術品のように思えます。穂先を細くして、抹茶がよく分散されるように作るのは、職人さんの腕の見せどころではないでしょうか。小学校では裏千家を習っていたので、どれだけ沢山の泡が立てられるか、何度も繰り返し練習したものです。茶碗と違って、茶筅は数を集めるものではないかもしれませんが、機会があれば、色んな種類のものを見てみたいですね。

Previous Posts